幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 新築マンション検索
  3. 東京メトロ丸の内線のマンション

丸の内線の新築マンションや分譲マンション

丸の内線の新築マンションや分譲マンションの物件情報を掲載しています。
東京メトロ丸の内線や東京地下鉄沿線にあるマンション購入を検討するなら、
立地条件や構造、間取り・設備の情報や丸の内線の情報をたくさん収集しましょう。
情報を収集して比較検討できたら、気になったモデルルームを見学して、
あなたの理想のマンション物件・住まいが見つけてくださいね。

丸の内線のマンション・モデルルーム情報

東京メトロ丸の内線のマンション情報を検索してみよう!
あなた自身が納得できるまで物件を比較検討してみることが大切です。

東京メトロ丸の内線の情報や沿線情報

丸ノ内線(まるのうちせん)は、東京地下鉄(東京メトロ)が運営する鉄道路線。東京都豊島区の池袋駅~杉並区の荻窪駅間を結ぶ本線と、中野坂上駅~方南町駅間を結ぶ分岐線(通称:方南町支線)から構成される。正式名称は4号線丸ノ内線及び4号線丸ノ内線分岐線である。なお、新宿~荻窪間と中野坂上~方南町間は開業当時は荻窪線と呼ばれていた。 車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「レッド」(赤):M(本線)、m(方南町支線)。但し方南町支線は誤乗車防止のため車体にさらに「ブラック」(黒)の帯が入る。 名前の由来は金融関連や大企業の本社が集中する丸の内から(1970年の町名変更により、千代田区「丸ノ内」は「丸の内」と表記されるようになった。地下鉄線の表記は「丸ノ内線」のまま今日に至っているため、しばしば混同されることもある)。
東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)の路線では唯一東京駅に乗り入れており、池袋駅から東京駅、新宿駅を経て荻窪駅までのルートはU字形になっている。 赤坂見附駅に銀座線とを結ぶ連絡線があり、同線車両の点検整備を受けるための中野工場への回送や、銀座線車両による隅田川花火大会(新宿発浅草行)などのイベント臨時列車がこの連絡線を通過する。しかし、本線のワンマン運転開始後はホームドアが使用されるため、丸ノ内線と銀座線の車両はドアの位置が異なる事から、今後は乗客を乗せた丸ノ内線・銀座線相互間を直通するイベント列車の運行はないと予想されている。 銀座線同様、第三軌条集電方式を採用しているため、ポイント部分など軌条が途切れている区間があり、旧型車両では、一瞬室内灯が消えて非常灯が点くことがあった。なお、当線の建設以降は郊外各線との直通を行うため架空線式で建設されたため、東京では最後の第三軌条方式の採用となった(首都圏全体ではその後横浜市営地下鉄ブルーラインが第三軌条方式で開業している)。 なお、丸ノ内線は都営地下鉄浅草線との接続がない(他の地下鉄路線とは接続がある)が、銀座駅と東銀座駅を結ぶ地下通路(およそ450~500m)を使う事で、乗り継ぎ割引は適用されないが乗り換えそのものは比較的容易にできる。千代田線、南北線、大江戸線とは異名駅を含めて乗り換え駅が4つずつ存在するが、乗り換えに時間がかかる駅が多い(淡路町駅⇔新御茶ノ水駅(千代田線)、赤坂見附駅⇔永田町駅(南北線)、本郷三丁目駅(大江戸線)など。千代田線とは国会議事堂前駅、南北線とは四ツ谷駅、大江戸線とは新宿駅⇔新宿西口駅、中野坂上駅が比較的便利)。 2007年に本線でのワンマン運転開始を予定しているため、各駅でホームドアの設置が進められている。しかし、まだ全駅にホームドアが設置されていないため、すでにホームドアが設置された駅でも車掌がボタン操作でホームドアの開閉を行っている。なお、ホームドア設置駅(未稼働駅も含む)では発車のときは駅構内にある発車ブザーを使わずに、車両に備えてある乗車促進放送を使って発車の合図としている。

東京メトロ丸の内線の路線図

東京メトロ丸の内線の路線図を掲載しています。
Google Mapsの上に丸の内線路線図を合体させて掲載していますので、
路線・地図の両方から周辺環境を比較検討できますよ。

東京メトロ丸の内線路線図

丸ノ内線の駅一覧