幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 東京の地下鉄路線図
  3. 地下鉄の駅一覧
  4. 永田町駅

永田町駅(東京メトロ・都営地下鉄/永田町駅地図)

■移動距離km m   ← 

永田町駅の周辺地図をグーグルマップを使用して掲載しています。
この地図を見れば永田町駅の出口や周辺施設、道路の状況などを確認でき、
永田町駅をとても便利に活用できます。また分譲マンションも検索できます。

永田町駅の情報

永田町駅(ながたちょうえき)は、東京都千代田区永田町一丁目にある東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。駅番号は、Y-16(有楽町線)、Z-04(半蔵門線)、N-07(南北線)。 赤坂見附駅と改札内でつながっており、同一の連絡駅として扱われている。 各線とも1面2線の島式ホームを持つ地下駅。シールド工法で造られている。有楽町線と南北線が地下4階、半蔵門線が地下6階に相当する深さである。半蔵門線は、東京メトロでは千代田線国会議事堂前駅(37.9m)、南北線後楽園駅(37.5m)に次いで3番目に深く、36mの深さを持つ。 半蔵門線ホーム(10両分)を介して銀座線と丸ノ内線の赤坂見附駅とつながっているが、同駅に最も近い半蔵門線ホームの渋谷・中央林間寄りからでも距離があり、乗り換えは不向きである(永田町駅の半蔵門線から赤坂見附駅までは階段の上下を含めて距離約200m、時間は3~5分。有楽町線・南北線からは距離約550m、時間は7~12分。なお、各ホームとも乗り換えに最も近い階段からの数字で、乗り換えに遠い半蔵門線ホーム押上方、有楽町線ホーム新木場方、南北線ホーム赤羽岩淵方からはさらにそれぞれ距離200m、時間にして3~5分を要する)。 半蔵門線ホームの反対側(押上・南栗橋寄り)に南北線と有楽町線への乗り換え口がある。赤坂見附駅と同一駅扱いのため、「永田町」からの乗車券で赤坂見附駅の改札を利用でき、当然その逆もできる。 銀座線・丸ノ内線と半蔵門線・南北線・有楽町線を乗り換える場合、銀座線⇔半蔵門線(東急田園都市線)は表参道駅または青山一丁目駅、丸ノ内線⇔南北線は四ツ谷駅、銀座線⇔南北線は溜池山王駅など、近隣の乗り換駅を利用する方が便利である。しかし、最も遠い有楽町線から銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅へは徒歩移動に15分近くかかる上、銀座線⇔有楽町線は当駅以外に連絡駅が存在しない。 3路線が乗り入れる駅としては比較的乗降人員が少ないが、各路線とも深い場所にあり、当駅を地上からの出入りに利用する人よりは、数字に表れない改札内乗り換えをする人が多いからだと思われる。 南北線ホームと有楽町線・半蔵門線ホームへのコンコースを結ぶ連絡通路には、動く歩道が設置されている。
半蔵門線の案内放送では、駅名の後に南北線から乗り換えの案内がされる(車内の自動放送は有楽町線から)。 南北線の案内放送では、駅名と行先放送の後に「有楽町線、半蔵門線はお乗り換えです。」の放送がなされる(車内の自動案内放送でも同様)。これは南北線から銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅ホームまで徒歩で約10分かかるため、乗り換えには不向きだからである。 深いところに作られたため、以前から「核シェルターではないか」という説が根強くある。 交渉人 真下正義で出てくる永田町駅はJR西日本JR東西線加島駅で撮影されたものである。

永田町東京の駅近な分譲マンション・住まい検索

■東京メトロ周辺で分譲マンションや住まいを探す


■都営地下鉄周辺で分譲マンションや住まいを探す


■全国・首都圏から探す

新築マンションを比較しながら探す
マンション