幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 東京の地下鉄路線図
  3. 地下鉄の駅一覧
  4. 中野坂上駅

中野坂上駅(東京メトロ・都営地下鉄/中野坂上駅地図)

■移動距離km m   ← 

中野坂上駅の周辺地図をグーグルマップを使用して掲載しています。
この地図を見れば中野坂上駅の出口や周辺施設、道路の状況などを確認でき、
中野坂上駅をとても便利に活用できます。また分譲マンションも検索できます。

中野坂上駅の情報

中野坂上駅(なかのさかうええき)は、東京都中野区中央二丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)と東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。駅番号は丸ノ内線がM-06、大江戸線がE-30。 丸ノ内線の本線と方南町支線、大江戸線の接続駅であり、乗降客(乗り換え客を含む)は多い。
東京地下鉄 青梅街道の直下に位置する島式ホーム2面3線の地下駅である。 備考 当駅から荻窪駅に向かう「本線」と方南町駅に向かう「支線」とに分かれる。 当駅は支線の起点及び発着駅だが、朝夕と深夜には中野富士見町駅まで直通する本線系統の電車がある。本線系統の電車は6両編成だが、中野富士見町まではホームが6両編成に対応しているため、本線系統の電車は同駅まで運行が可能である。しかし、同駅から先の方南町駅はホームが短いため、本線系統の電車は直通できず、当駅発着の3両編成のワンマン電車が運行される。 方南町方面の列車は中央の2番線を使用する。当駅折り返しの電車は2番線に到着し、両側のドアが開くので、1番線ホームと3番線ホームの両側から乗り降りする事ができる。但し、中野富士見町発池袋行は池袋方面ホームから、荻窪発中野富士見町行は荻窪方面ホームからの乗り降りとなる。 丸ノ内線は第三軌条方式だが、当駅では中央の2番線(方南町支線発着ホーム)の両側に柵がなく、線路に転落した場合に感電する危険性があった(横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽駅2・3番線も同様)。このため、レール及び防護カバーが警戒の意味で赤色に塗られている。これは転落した場合にその直下に第三軌条があるためである。通常は反対側にあり、触れる可能性は相対的に低いが、前述の通り2番線ホームは両側から乗り降りができるため、感電の危険性があった。 2001年頃のホーム改装時に、柱の上部の色で方面を分かりやすくするため、荻窪方面は水色に黄緑色、池袋方面は水色に桃色のタイルが施された。 2004年の方南町支線のワンマン運転化のために、2番線ホームに可動式ホーム柵が設置された。電車到着時以外は可動式ホーム柵がしまっているため、安全が確保されるようになった。また、2006年には将来の本線でのワンマン運転に備えて1・3番線にも可動式ホーム柵が設置された。なお、全線でのワンマン運転開始までは1・3番線の発車ブザーを可動式ホーム柵の線路側に移設したが、列車により発車ブザーを鳴らす事がある。 方南町支線での当駅での乗り換え放送は冒頭の「乗り換えのご案内です」を省略し、乗り換え案内を放送する。なお、電車到着時の駅での自動案内放送は、他方面への乗り換えを流さず、都営大江戸線への乗り換えのみを放送する。 自動改札機は、1990年末の本格導入以前にも1974年頃から銀座一丁目駅と共に試験的に設置されていた。 開業以来、西新宿寄りのみ改札口と出入口の設置を長く続けているが、2011年3月の完成を目処に、新中野・中野新橋寄りにも新たに改札口と出入口が設置される予定である。そのため、一部ホームの幅が狭くなっている。なお、新たに設置される改札口とホームにはエレベーターも設置される予定である。
東京都交通局 山手通りと首都高速中央環状新宿線の直下に位置する島式ホーム1面2線の地下駅である。

中野坂上東京の駅近な分譲マンション・住まい検索

■東京メトロ周辺で分譲マンションや住まいを探す


■都営地下鉄周辺で分譲マンションや住まいを探す


■全国・首都圏から探す

新築マンションを比較しながら探す
マンション