幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産用語・建築用語集
  3. アルカリ骨材反応

アルカリ骨材反応

アルカリ骨材反応(あるかりこつざいはんのう)とは、コンクリートにおける劣化現象の一つである。コンクリートに含まれるアルカリ分が、骨材(砂利や砂)の特定成分と反応し、異常膨張やひび割れなどを引き起こす。アル骨と略されることもある。 コンクリート中のナトリウム・カリウム等のアルカリ金属イオン(アルカリ性細孔溶液)が、骨材中の特定の鉱物と反応。異常膨張を起こし、コンクリートにひび割れを生じさせる。 以下の三つに分類できる。 アルカリシリカ反応(ASR) アルカリ炭酸塩反応 アルカリシリケート反応 三つに分けられるが、アルカリシリカ反応とアルカリシリケート反応はほぼ同じであるため、コンクリート標準示方書では、アルカリシリカ反応(ASR)とアルカリ炭酸塩反応の2種類に分類されている。 また、日本でもっとも多く発生しているのがASRで、アルカリイオン・水酸基イオンと骨材中に含まれる準安定なシリカとの間に生じる化学反応である。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す