幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 不動産用語・建築用語集
  3. 住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン(じゅうたく- )とは、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地を購入、新築、増築、改築、ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のこと。 住宅ローンは前掲の通り、住居目的に制限される融資である。他の融資に比べて融資額が巨額(数百万~億円単位)となることから、金利は低く抑えられ、償還期限が30年前後と長いのが特徴である。その代わり、万一貸し倒れになった場合に融資側の金融機関がとる手段として、建物や土地への抵当権の設定したり、団体信用生命保険への加入を条件とするのがほとんどである。 償還期限が長期にわたるため、一般的に利用される元利均等返済の場合、返済初期の金利負担が大きくなっている。そのため、資金に余裕がある場合には、増額返済して元金を減らすことも行われる。 金利は、カタログ上では固定金利と変動金利を用意しているが、実際には固定金利では融資してもらえない場合も多い(特に低金利の時期にある場合)。変動金利では、長期プライムレートに連動する場合が多い。 2007年時点では、日本では、主に銀行や信用金庫などの民間金融機関、農業協同組合(JAバンク)、生命保険会社が手がけている。他には、財形住宅融資(財形貯蓄の残高の10倍まで融資)がある。かつては、日本政府の特殊法人である住宅金融公庫が主に融資を行い、足りない分を銀行などが融資していたが、「民業圧迫」の圧力から、住宅金融公庫は独立行政法人の住宅金融支援機構に改組され、融資業務は大幅に縮小された。他には厚生年金被保険者を対象にした「年金住宅融資」もあったが、廃止された。

全国から新築マンション検索・地域情報

全国から新築分譲マンションを探す

47都道府県別に探す