幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. 東京の地下鉄路線図
  3. 地下鉄の駅一覧
  4. 西船橋駅

西船橋駅(東京メトロ・都営地下鉄/西船橋駅地図)

■移動距離km m   ← 

西船橋駅の周辺地図をグーグルマップを使用して掲載しています。
この地図を見れば西船橋駅の出口や周辺施設、道路の状況などを確認でき、
西船橋駅をとても便利に活用できます。また分譲マンションも検索できます。

西船橋駅の情報

西船橋駅(にしふなばしえき)は、千葉県船橋市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東葉高速鉄道の駅である。 3社5路線が乗り入れている千葉県内での主要駅の一つである。ただし、東隣に船橋市の中心駅である船橋駅が存在し、連続停車駅の設定を避ける関係からも総武快速線は当駅を通過する(ホームも設けられていない)。なお、構内には総武快速線のホームを設置できる空間自体は存在する。これについては諸説あるが、1972年に総武本線を複々線化した際に、当時の国鉄が地下鉄東西線への乗客の逸走を阻止するため、わざと快速線ホームを設置しなかったという説が有力だとされる。[要出典] 当駅には本来、中山競馬場の利用者への交通の利便を図るという役割があった。その後、近くに武蔵野線の船橋法典駅が開業してからはその役割が低下したものの、現在でも競馬開催日などに北口から京成バスによる臨時バスが中山競馬場まで運行されている。武蔵野線の中では最大の乗り換え駅である。 当駅は通称として「西船(にしふな)」と表現される。この名前が定着した事から、駅周辺に住居表示によって西船という地名が登場した。その後、京成電鉄の「葛飾駅」も東京都葛飾区と混同されるとの事で、1987年に京成西船駅へ駅名を変更した経緯がある。 東京地下鉄の駅の中では最東端に位置する。 駅舎は、JR東日本単独と東京地下鉄(東京メトロ)・東葉高速鉄道で改札内部を共有する橋上駅舎である。ただし、自動券売機は会社別にそれぞれ別々の場所に設置されている(他の共用駅では並置されている事が多い)。現在の駅舎は総武線複々線化工事および東西線延伸に伴って新設されたものである。旧駅舎は北口の現快速線直上の売店などがある一角で(改修前写真を参考)、橋上駅舎としては西川口駅などと共に最初期のものにあたる。 1階にはJR総武線・東京地下鉄東西線・東葉高速線のホーム、2階には改札やコンコースなどの駅設備、3階部分はJR武蔵野線・京葉線のホームがそれぞれある。 総武線は島式2面3線の地平ホームで、2・3番線で線路を共用(ただし東西線直通列車は同線ホーム発着)している。東西線と東葉高速線は島式2面4線の地平ホーム。武蔵野線・京葉線は島式2面4線の高架ホームで、総武線や東西線、東葉高速線と交差する。 京葉線は、案内ではラインカラーである赤を用いているが、当駅における京葉線の車両は定期運用ではオレンジ色の車両(武蔵野線直通用)による運用である。 北側の1~4・9~12番線がJR東日本、南側の5~8番線が東京地下鉄(東葉高速鉄道と共用)の管理区域にある。南側のホームとコンコースでは東京地下鉄がホームの係員を務めると共に、案内サインや発車標も同社仕様になっており、喫煙所も設置されていない(同社は駅構内は完全に禁煙)他、売店・自動販売機・トイレも個別にある。 JR東日本では2000年代前半の「西船橋駅コスモスプラン」の実行に伴い駅設備の改良が積極的に行われ、その一環として駅構内の2・3階には2005年に商業施設(駅ナカ)『Dila西船橋』が開業し、書店・立ち食いそば・喫茶店などの設備が整っている。その後、東京地下鉄側には『minipla西船橋』が開業した。これにより、従前の古びた駅の風景と改装されて明るい雰囲気になった新しい駅の風景が同居しているというかなり特殊な構図の駅となった。 2007年3月17日までは3社共用で1つの改札口を使用しており、自動改札機と自動精算機はJR東日本のものを設置していた(これはJR・東京地下鉄共用駅の中野駅と同様)。これにより、いくつかの問題が発生していた。 パスネットはJRで使用できないため、入場すると初乗り運賃はJR東日本の130円ではなく東京地下鉄の160円が差し引かれていた。自動改札機はJR仕様であり、パスネットを2枚同時に投入する事ができないため、残額が160円に満たないパスネットでは入場できず、自動券売機で切符を購入しなければならなかった。 自動精算機では東京地下鉄および東葉高速鉄道の乗車券の精算も可能だったが、パスネットでの精算には対応していなかった(残額不足のパスネットは有人改札で対応)。 中野・綾瀬・北千住以遠のJR線から東京地下鉄線を経由した場合の精算にも対応していなかった(これらについては有人改札での対応だった)。そのため、パスネットで当駅と中野・綾瀬・北千住の各駅相互で入・出場してもJRを利用していてもJRの運賃よりも安い東京地下鉄の運賃が差し引かれていた。逆にSuicaで当駅と中野・綾瀬・北千住の各駅相互で入・出場すると東京地下鉄を利用していてもJRの運賃が差し引かれていた。本来SuicaはJR、パスネットは東京地下鉄で利用する事が前提であるが、前述の4駅は東京地下鉄とJRが改札口を共用しているため、JRを利用しているのか、あるいは東京地下鉄を利用しているのかを判断できなかったためである。 しかし、翌18日より東京地下鉄と東葉高速鉄道でSuicaと相互利用ができるPASMOを導入するにあたり、上記のように運賃計算上で問題があったため、東京地下鉄・東葉高速鉄道専用の改札口とJR⇔東京メトロ・東葉高速鉄道の連絡改札口および自動精算機(乗り継ぎ専用を含む)が新たに設置された。 ただし、新たに設置された自動改札機は上のサインが東京メトロ仕様になっているものの、機械自体はJRのものを使用しているため、IC乗車券の読み取り部もJRの「Suicaをふれてください」になっており、パスネットを2枚投入する事もできない。また、東京地下鉄線・東葉高速線の自動券売機上にある運賃表は、以前JRが製作していたが、同時期より東京地下鉄製作のものに置き換えた他、入口サインや階段前のホームサインが新たに設置された(ただし方面サインや駅名標は営団時代のまま存置)。 当駅での自動改札機における切符の取り扱いについては、東京地下鉄一日乗車券の当日券(券売機で購入)は改札機の奥のパネルが「きっぷ」に、前売り券(定期券売り場で購入)と東葉高速鉄道は「定期券」になっていた。 東京地下鉄線と東葉高速線の定期券はJRが販売を代行しているため、当駅が発着駅のものしか購入できない(これは東西線の西端駅でJR東日本と共同使用している中野駅も同様である)。 当駅の東葉高速線の自動券売機はJRのものと同じスタイルである。すべて現金専用であり、パスネット・PASMO・Suicaに対応している自動券売機がない。ちなみに、他の東葉高速線の駅にはパスネット・PASMO・Suica対応の自動券売機が設置されている。
連絡改札口設置に伴う取り扱い 2007年3月18日のSuica・PASMO相互利用開始に併せて改札口の分割工事が行われ、東京地下鉄線・東葉高速線にも自動改札機を設置し、同時にJR線と東京地下鉄線・東葉高速線の連絡改札口が設置された。これにより、当駅から中野方面へ向かう場合や中野方面から当駅に向かう場合、JR線経由か東京地下鉄線経由かを区別できる様になった。ただし、運賃計算の基準は日時を問わず従来通りであるため、改札を通らずに東京地下鉄線内の駅で降りる場合でも、当駅の連絡改札口を通っていないからといって、中野(又は北千住)経由だと識別されてしまう様な事はなく、当駅経由が一番安い経路であればそれが適用される。 その一方で、総武線から東京地下鉄東西線直通列車で当駅以遠と中野駅以遠間を利用した場合(一般的ではないが北千住以遠の常磐線に乗り継ぐ場合も同様)、JR線経由か地下鉄東西線経由かは区別できないため、全線JR線を経由したものとして運賃の引き落としが行われる事となっている。その場合、営業距離の関係上割高な運賃を請求される事になる。また、パスネットも新設の自動改札機から入・出場しなければならない。 改札口分割工事完成に伴い、JR線の乗車券で当駅からあるいは武蔵野線・京葉線・総武緩行線下総中山以遠から乗り換えて5・6番線発車の津田沼行電車(東西線から直通)に乗車して船橋以遠に行く時は、JR線しか乗車しないにも拘らず、東京地下鉄の改札口又は連絡改札口を通る必要がある。逆に船橋以遠からJR線の乗車券で津田沼始発の東西線直通電車に乗車して当駅で降りる時あるいは武蔵野線・京葉線・総武緩行線下総中山以遠に乗り換える時も東西線直通電車が8番線に入線するため、東京地下鉄の改札口又は連絡改札口を通る必要がある。また、Suica・PASMOでJR線を利用した時の履歴が「J西船橋」と表示・印字される様になった。 改札口分割前から引き続き改札内通路を自由に行き来する事が可能で、それが改札内に出店している各店舗にとっても大きなメリットであったが、改札口の分割に伴い東西線と東葉高速線の乗車券のみではDila西船橋へ、JRの乗車券のみではminipla西船橋へそれぞれ立ち寄る事ができなくなった。また、下総中山・原木中山寄りの乗り換え用跨線橋は朝夕の通勤時間帯のみ(6時~10時・16時~23時)利用可能となり、JRと東京地下鉄・東葉高速鉄道の乗り換えはさらに不便になった。なお、時間制限を実施するにあたって駅構内のポスターなどで乗客に告知されたが、理由は明記されていない。JRの一部の駅では、連絡改札口開設による混雑を予測していたのか、東京メトロへの乗り換え客に対する連絡乗車券の購入を促すポスターが設置されている。 前述の通り、改札口が分割したため、乗る電車の改札口を間違えた場合に備えて専門のスタッフが配置されている。

西船橋東京の駅近な分譲マンション・住まい検索

■東京メトロ周辺で分譲マンションや住まいを探す


■都営地下鉄周辺で分譲マンションや住まいを探す


■全国・首都圏から探す

新築マンションを比較しながら探す
マンション