幸せの新築分譲マンション
  1. マンション:トップ
  2. JR鉄道の駅一覧
  3. 武蔵小金井駅

武蔵小金井駅  (JR線/武蔵小金井駅地図)

■移動距離km m   ← 

武蔵小金井駅の周辺地図をグーグルマップを使用して掲載しています。
この地図を見れば武蔵小金井駅の出口や周辺施設、道路の状況などを確認でき、
JR線と共に武蔵小金井駅をとても便利に活用できます。

武蔵小金井駅の情報

武蔵小金井駅(むさしこがねいえき)は、東京都小金井市本町六丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)中央線の駅である。 駅前には中規模の商店街がある。駅の東側には、南北に小金井街道が走っており、駅東側の踏切で線路と直交する。 北口はバスターミナルとなっており、多摩地区の各地と結ばれている。バスターミナルに面して西友や長崎屋といった大きな店舗がある。このバスターミナルから小金井街道までの道が都道135号線であり、バスターミナルから西に延びる道路は都道136号線である。 南口は小金井街道に面する広場に面している。南方向には商店街が伸びている。中央線の高架化工事と同時に商店街付近も再開発が進行中で、商店の入れ替わりや建て替えにより2000年代から急激に様変わりしている。南側に少し離れて連雀通りが東西に走る。この道に面して小金井市役所がある。またこの通りに面した市役所分庁舎の前に南口バスターミナルがある。 西には豊田車両センター武蔵小金井派出所(旧・武蔵小金井電車区)がある。その下を新小金井街道がくぐって線路と直交する。この道は、線路の南北で連雀通り、都道136号と直交する。連雀通りはその西で線路を横切り、都道136号を合流する。 従来、駅東側の小金井街道踏切は開かずの踏切として有名で(歩道橋はあるものの、西の旧小金井市公会堂側の踏み切りも同様に「開かずの踏切」であった)、特に2003年9月の切り替え直後は横断距離も遮断時間も長くなったことで社会問題になり、テレビでもよく扱われた(その後応急措置として歩道橋を設置したほか、翌年の切り替えで横断距離・遮断時間とも切り替え前の水準に戻った)。今後、2008年に完了予定の高架化により踏切は撤廃され、南北の行き来がスムーズとなる予定である。

武蔵小金井駅周辺のマンション・住まいを探そう!

都心・23区で住まいを探せます。

全国からマンション・住まいを検索 マンション